G-S3ZR5TQH18

BLOG ブログ

ENTRY

お申し込みはこちら

レッスンのキラーアプリとなりつつあるClassroomを使いこなそう

ICMFguitarstudioのオンライン部屋「GoogleClassroom」を使いこなそう

ICMFguitarstudio森充ギター教室では生徒会員全員がGoogleClassroomを使用し、譜面・音源・動画・板書スクショなどなど、カスタマイズされたコンテンツがリアルレッスンおよび自宅練習の橋渡しをします。

一人一台パソコン方針と新型コロナによるオンライン化が追い風となって、日本の学校教育の現場でもよく見かけるようになったGoogleClassroom。同じようなものでMicrosoftTeamsなどもありますが、最も汎用性が高く導入しやすいアプリケーションではないかなと思っています。今記事では、既に使い始めてる方に向けてのヒントになるような内容を紹介してゆきます。

使えば使うほどその効果と魅力に驚かされますよ☆

⇒Google Classroom(iOS)

⇒Google Classroom(Android)

⇒Google Classroom(PC)

動画の見方:うまく再生されない場合の対処法

動画をアプリで開く
とくにスマホからの場合、動画ファイルを選択してもなかなか再生が始まらずにずっと読み込み中になってしまう場合があります。そんなときは画面右上のタブから「アプリで開く」をタップしてみてください。(Classroomを取得した際にアカウントに連結されている)GoogleDriveを経由して動画が速攻再生されます。

きほん画面のおさらい:「ストリーム」「授業」で切り替え

スマホなら下部に、PCなら上部に「ストリーム」「授業」の切り替えボタンがあります。

「ストリーム」とは、投稿されたコンテンツを時系列的にお知らせするコメント窓です。

「授業」とは、講師がアップロードしたコンテンツをカテゴリー別に整理して並べた画面です。ストリーム画面ではアップロードされた動画などがどこに保存されているのかが見えにくいため、主にこの「授業」ボタンからコンテンツにアクセスするのが良いでしょう。

複数の授業に参加できる:クラスの画面切り替え

クラス切替タブ
通常、生徒会員の皆さまには個人名で専用クラスを開設しております。講師ー生徒間での情報共有をここで行うことになります。

その他、教室全体としての課題曲やイベントの際には、特別クラスを開設することもあります。そこへ参加してもらった場合、個人用クラスとイベント用クラスというふうに、2つの異なる教室に出入りしてファイルを見たり音源を聞いたり、あるいはメッセージを投稿したりすることになります。

それで、その2つのクラスの切り替えが出来なくて戸惑う方もしばしばおられますので、上の図を参考に、クラスの切り替えを覚えてください。

自分からも共有できます:講師に見せたい譜面や聞かせたい楽曲など

Classroomでは、講師のほうから動画やPDFファイルなどを共有・保存できるのはもちろん、生徒さんの側からも出来ます。

「バンドでやることになった曲の楽譜を見て欲しい」とか「この曲聞いてください!ソロギターで弾きたいんです!」とか出て来たときには是非積極的に活用してほしいですね。

コメント送信やファイル添付など:LINEやメールとは違って情報が見つけやすい!

自分から投稿
画像は「ストリーム」画面からの投稿例になります。一見どこをタップすれば記入画面が開くのかわかりにくいですが「クラスで共有」「連絡事項を入力」と表示された細い窓を触ってみてください。文字入力画面になります。ファイルの添付等もそこから可能です。

同様に、「授業」画面からも出来ます。その場合はアップされているコンテンツをひらいて、それに対するコメントというかたちでの投稿となります。

YouTube動画の共有が便利:パソコンから見る場合は広告表示なし!

YouTube共有
(2022年春時点では)スマホからは出来ないのですが、パソコンでClassroomを使う際には、この基本の投稿画面(「クラスで共有」から入力)に、YouTubeのマークらしきボタンが現れます。これはYouTube動画を共有するためのボタンなのですが、Classroomアプリ上でそのまま検索ができ、かつ、ここで投稿されたYouTube動画を再生するなら「広告表示なし!」という微妙にうれしい仕様になっているんです。「そのくらい・・・」と思うようなちょっとしたことではありますが、これがかなり便利に感じるのは、使ってみると納得ではないかと思いますよ☆ぜひお試しください。

CONTACT お問い合わせ

気軽に試せる体験レッスンも開催中!
まずはギターに触れてみませんか?